損害賠償基準

メールでのお問い合わせ

弁護士費用特約について

法律相談について

綿引法律事務所

Watahiki Law Office

〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区
高砂3-17-21
高砂武蔵ビル 303号 [MAP]
TEL:048-865-8535

交通事故の損害賠償額の算定基準は3種類あります

(1)自賠責基準
(2)任意保険基準
(3)裁判基準

(3)は弁護士会基準とか、この基準をまとめた本の名を取って「赤い本」基準などとも呼ばれています。

(1)は自賠法(正式には「自動車損害賠償保障法」といいます)という法律に支払基準が明記されていて、損害賠償金はこれに基づいて支払われるものですが、3つの基準の中ではもっとも低額であり、いわば最低限の補償です。

(2)は損害保険会社各社の支払基準です。そして(3)こそが、被害者が法律的に請求できる本来の損害賠償額の算定基準ともいうべきもので、弁護士はこの基準に基づいて保険会社と交渉することはもちろん、当然、裁判所でも通用しているものです。

不幸にして交通事故の被害者となってしまった方には、加害者が加入している任意保険会社から上記の(2)に基づく(損害項目によっては(1)を使っている場合もあります)損害賠償額での示談の提示がなされます。
この提示書面を見た被害者は、上記の事情を知らないがゆえに、なんとなくそんなものかと思って、この提示を受けてしまうことが多いようです。
また、多少疑問に感じたとしても、保険会社の担当者に「弊社としてはこれしか支払えません」などと言われて押し切られてしまうことも少なくないようです。

このようにして、結果的に被害者が泣き寝入りを強いられているかのような状況になっていることは不幸なことです。例えは悪いかもしれませんが、私には、消費者金融に高い利息を黙って払い続ける債務者に似ているように思えてなりません。
そこで私は、まずは弁護士に相談してみてくださいと言いたいのです。
財団法人交通事故紛争処理センターの嘱託弁護士として、日ごろ被害者と保険会社の示談をあっせん、取り持っている立場からも、このような事情を被害者の方に広く知っていただきたいと思っています。

その思いから、交通事故関係の法律相談は無料で受けています。